芸能人ネタ

お笑い史上最も売れた女芸人・山田邦子列伝


「お笑い史上最も売れた芸人は誰か?」というのは難しい質問である。だが、「お笑い史上最も売れた女芸人は誰か?」と問われたら、1人の名前が真っ先に思い浮かぶ。

ピーク時には週14本のレギュラー番組を抱え、8社のCMに出演。映画、ドラマの出演も多数、CDや小説を出せば軒並みベストセラーに。NHKの「好きなタレント」調査では8年連続で女性部門1位を獲得。本人の話によれば、当時の月収は約1億円。

女芸人の質・量ともにかつてないほど充実している現在でも、全盛期の彼女の実績を超えられそうな人材は見当たらない。女芸人史上最強のモンスター、それが山田邦子である。彼女はその圧倒的な実績から「唯一天下を取った女芸人」と言われている。

だが、ピークを過ぎると人気は下降線をたどり、あっという間にテレビで見る機会が激減してしまった。その人気凋落のきっかけの1つとなったのは、週刊誌で報じられたテレビプロデューサーとの不倫騒動だった。

次のページでは不倫騒動について・・・

1 2