スポーツネタ

【驚愕】イチローさんがMLBからもらえる年金の金額がケタ外れなんですが?!wwwwww

記事によると

イチロー選手が引退を表明してから早いもので1ヶ月が過ぎようとしています。

その中にメジャーの年金についての言及がいくつかあったので、これを紹介、補足してみましょう。

メジャーの年金は10シーズン、フルにメジャー登録をして働いた選手に満額が支払われるものです。マイナー扱いの期間は除外されます。逆にDL(故障者リスト)に入っていても、その間はメジャー登録ではあるのでカウントされます。

満額は、前述のように多少の前後はありますが年間20万ドルを超えるくらいです。

現在のレートですと、約2200~2300万円が62歳から毎年、その選手が死去するまで支払われる生涯年金です。

しかも、その選手の没後も配偶者のみ相続することができます。非常に手厚いペンションと言えるでしょう。

日本人選手でこの満額を受け取る条件を満たした、つまりメジャー10年のキャリアを重ねた選手は、今のところ野茂英雄氏、松井秀喜氏、大家友和氏、イチロー氏の4人です。

お金の出どころですが、すべてのメジャー契約をしている選手の年俸から少しずつ集めます。今はレギュレーションが変わっているかもしれませんが、僕が現役だった頃は年俸の5-10%程度を払っていた記憶があります。

文/長谷川滋利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010003-friday-base

ネットでの反応は?

アメリカのプロスポーツは
本当に選手を大事にするシステムが多い。
確かゴルフもあったはず。
日本も見習ってもらいたいシステムだと思う。
2、3年で戦力外通告を受ける選手、
怪我して引退する選手などもいるので、
日本でももっと選手ファーストを考えてもいいのだが。

面白いシステムですね。
配偶者が相続出来るとか素敵過ぎる。

素晴らしい環境です。
それだけ貢献してきたってことですね(^^)

10年もフルで登録が
条件は難易度が高過ぎるだけありますね
複数年契約で途中で引退しても球団と保険会社から
年俸が保証されているケースも聞いた事あります
長い歴史の中であったストライキや選手会と
MLBの経営陣との交渉の末の結果でしょう

次はマー君ですかね。
ダルビッシュにもそうなってほしいですが。。。

全てのメジャーの選手から集めて年金にしてる
っていっても桁違いの額だろう。
まあ、現役の2億よりも老後の2千万の方が有難いだろうな。

NPBにはまず出来ないシステムですよね。
野球選手は引退後のセカンドキャリアが大変だと言われますが、
老後はもっと大変ですよね。
62歳から生涯支給されるってのは
本人にとっても家族にとっても有難いでしょうね。
MLBでこの条件を得られるのには競争も大変でしょうけど、
NPBより良いかもね