芸能人ネタ

SMAP・草なぎ剛、誰も書けなかった“本当の”公然わいせつ事件詳細とは!?「あまりにもショッキングな状態で…」大暴露!

 同年に起きた押尾学、酒井法子の事件の影に隠れて、何気に衝撃的だったのがSMAP・草なぎ剛の公然わいせつ事件だ。

 2009年4月23日午前3時頃、東京都港区の檜町公園で「酔っ払いが騒いでいる」と近隣住民より通報を受けた警察官が現場へ急行。そこで泥酔して全裸になった草なぎを発見した。草なぎはその場で取り押さえられ、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕。身柄は警視庁赤坂署に移送されたが、その際の映像はファンにとって大変ショックなものだった。

「髪の毛はぺターっとしていて、顔面蒼白。トップアイドルの姿とはとても思えませんでした」とは40代女性ファン。

 もう1人、ファン以上の衝撃を受けたのがSMAP育ての親と言われる飯島三智氏だった。スポーツ紙記者によると「草なぎさんの逮捕を知り、飯島氏はあまりのショックでその場にうずくまり『何があったのー!』と号泣したそうです。その後しばらく体に力が入らず、静養することになりました」という。

 酒に酔った草なぎは警察の調べに対し、「記憶にない」と供述していたが、その後の取材で草なぎが檜町公園から目と鼻の先にある親友・香取慎吾の自宅に向かって「しんご~! しんご~!」と叫んでいたことが判明。ベンチの上で“全裸でんぐり返し”も繰り返していたという。さらに「今だから明かせますが…」と前置きした上で、社会部記者が次のように語る。

1 2