時事ネタ

【東国原英夫】石野卓球とやり合う彼にあった過去の淫行騒動とは!?

東国原英夫氏、「バイキング」での石野卓球への発言の真意を説明「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」

元宮崎県知事の東国原英夫氏が6日、自身のツイッターを更新。

麻薬取締法違反の罪で起訴され保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告について、電気グルーヴの相方の石野卓球がツイートを続けていることについて5日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で石野のツイートに「電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」などとコメントしたことへの真意をつづった。

東国原氏は「昨日(5日)のCX『バイキング』の生OA中の僕の発言(石野卓球氏に対する)がネットニュースになっているようなので、ここで少々補足的説明をさせて頂きます。

昨日『バイキング』で石野卓球氏のツィートが記事として取り上げられ、コメントを求められた」とした上で「基本・原則、『バイキング』は飽くまで自由討議であり、言論統制等はされない。

石野卓球氏のツィートに対して、僕は、『親友・同志・相方のピエール瀧氏が反社会的行為に及んだ今回の事件・事実に対し、何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか』また『自分が近くに居て、ピエール瀧氏の反社会的行為に気付いてやれなかった。防止する事が出来なかった事への反省の弁』また『今後、ピエール瀧氏の更生や社会復帰を支援する』等のコメントがあって然るべきではないかという立場である。

これは、飽くまで、僕個人の意見・感想である」と説明した。

東国原氏にあった過去の淫行騒動とは!?

1 2