時事ネタ

【公務員の不祥事】大阪の消防士2人がゲイ向けビデオに出演

AV出演で停職処分となった、大阪府四條畷市消防本部の20歳の男性消防士2人がゲイ向けのビデオに出演していることが判明。

DVDのパッケージを確認すると上半身裸の若い男性が7人。
その中に2人も含まれており、ともに顔出しをしていた。
裏面には性行為の写真が並べられているが、いずれも男性が中心だった。

スポーツ紙によると、男性消防士2人は2012年8月9日、神戸市の須磨海水浴場に行ったとき、同世代の男性から「いい体してるね」と声をかけられた。「女性との性行為を撮らせてもらえないか」とAV出演を頼まれ、2人ともいったんは断った。しかし、顔にモザイクをかける、一般には出回らないなどと説得され、断りきれずに、その日のうちに、近くのマンションで待機していた女性とのAV撮影を行った。この撮影で、2人はそれぞれ1万円の謝礼を受け取った。

1万円しかもらえないんですね・・・・。

ビデオの内容は、ナンパ師が海で男性を漁り、ゲイ用語で異性愛を指す「のんけ」の男性に女性をあてがいセックスさせるというものだ。前出のDVDがそれで、2人の顔にはモザイクはかけられていなかった。このAVは、「のんけナンパ天国」などと名付けられ、最初はゲイビデオ専門の動画配信サイトで販売された。

ちょっと内容がよくわからないですね(苦笑
ゲイの男優が海水浴場で男性をナンパして、のんけだった場合は女性をあてがうということなんですかね。
まぁそのまんまでしたが(笑

2人はその後、男性から「ばらすぞ」と脅され、1人は12年11月に、もう1人は13年1、3月に大阪市内のマンションで再び撮影した。いずれもゲイ専門サイトで販売され、2人はそれぞれ1万円、4万円を受け取っていた。

モザイクかかっていなかった、意図的にかけてもらえなかったことが原因で、バラすぞと脅されて更に出演していたのですね。
制作側は確信犯だったんでしょうね。
さすがに顔出ししちゃってたら、したがってしまうかもしれませんね。

その後、7月25日になって四條畷市に匿名の告発メールが届き、翌26日には、「市民一同」としてDVDの写真などが郵送で送られて来て発覚した。市では8月6日、2人を地方公務員法違反(信用失墜行為と兼業禁止違反)で停職6か月の懲戒処分にし、消防長ら上司4人も厳重注意処分などにした。

四條畷市消防本部の総務課では、告発主について、「消防士が出演したのが事実かどうかだけですので、そこまで調査していません」と取材に答えた。

2人がゲイビデオに出たことについては、こう言う。

「本人たちはゲイではなく、最初は普通のAVに出るという話だったようです。特別に体が鍛えられていたというわけではなく、たまたま目についたのではないでしょうか。消防士へのお誘いというのは、これまでに聞いたことがありません」

まぁ最初でビデオに出ると快諾したことがすべての原因。
1万円に目がくらんだのか、その際にも脅されたのかはわかりませんが、ハイリスク・ノーリターンですね。