芸能人ネタ

W(ダブルユー)の復活を記念して加護亜依の騒動をプレイバック

先日、千葉・幕張メッセで行われたハロー!プロジェクト公演「ひなフェス2019」で13年ぶりに辻希美(31)と加護亜依(31)のユニット【W(ダブルユー)】が一日限りで復活しました。

辻ちゃんの方は杉浦太陽と結婚し子宝にも恵まれ、ママタレとして順調に芸能界を歩んでいます。

加護ちゃんの方はそれはそれは・・・波乱万丈な人生を歩んでいます。

今回は、W(ダブルユー)復活記念して加護亜依の騒動をプレイバック!

2006年3月


2月10日発売の写真週刊誌『フライデー』誌面において「加護亜依が東京都区部のレストランで喫煙していた」と、証拠写真付きで報道された。当時の所属事務所であるアップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)が事実関係を確認したところ、ほぼ報道されている通りであったため、未成年者喫煙禁止法違反となることから、謹慎処分となった。

2007年2月



週刊誌『週刊現代』において、東京都渋谷区の人気カフェ「SOMA」のオーナー(37歳)と、群馬県の草津温泉へレンタカーで1泊旅行、再度喫煙していた写真が掲載された。
なお、『週刊現代』編集長の講談社・加藤晴之は、2006年2月の最初の喫煙報道の当時は『フライデー』編集部に在籍していた。
アップフロントエージェンシーが、加護亜依に事実関係を確認したところ「事実」と述べたため、「2回目という事態を重く受け止める」として、アップフロントエージェンシーが契約解除、懲戒解雇の発表を行ない、他の芸能事務所にも移籍しなかったことから、事実上の芸能活動停止となった。

2008年4月

芸能活動再開の見込みを携帯サイトのインタビューにてコメントしたことが報道された。
公式ファンクラブの開設と公式ブログをオープン。

2009年3月

2009年1月に不倫報道をされた俳優の水元秀二郎の元妻から、慰謝料を熊本家庭裁判所を通じて調停を申し立てられたことが明らかになった。
その際、元妻側は不倫の証拠として、台本の裏に書かれた加護が水元に送ったと思われるメモを提出。
不倫報道に関して加護はブログで全面否定している。水元の関係が報道された時には「本命のカレに悪い」と発言している。

2011年9月

雑誌『サイゾー』のインタビューにて、事務所移籍を予定した休業であることや、休業期間中に東日本大震災の被災地へ炊き出しに行ったことなどを語った。移籍に関しては、当時の所属事務所であるメインストリームは認めていないと報じられる。

2011年9月


警視庁組織犯罪対策四課(通称:マル暴)から参考人聴取されていたことが発覚。交際中かつ東京都港区六本木にて同居中であった、当時44歳の飲食店経営会社社長が、暴力団関係者(山口組系弘道会傘下組長)との親密な関係を持ち出して、知人を脅し、恐喝未遂の疑いで逮捕される。

「交際相手の男性(44歳)が逮捕されたことにより、心身が不安定となったのか、自宅にて精神安定剤と見られる薬物を大量摂取して、自分の手首を切って倒れている所を関係者に発見され、救急医療センターに救急搬送されたが、命に別条は無い。警視庁麻布警察署は自殺を図ったと見ている」と報じられる。

2011年12月

前出の飲食店経営会社社長との結婚を発表。また、妊娠していることも同時に発表した。

2015年4月

自身のブログで、離婚協議中であることを報告。

2015年5月

夫から肩を蹴るなどの暴行を受け、全治10日間のけがを負った。加護亜依自身からの警察への被害申告を受け、夫は傷害容疑で逮捕されたが、容疑を否認した。

2015年8月

6月までに離婚成立していたことが明らかとなり、9日には自身のブログで離婚を報告した。

2016年8月

美容関係の会社経営者との再婚を発表。

2017年2月

第2子男児を出産。
義継と命名した事をブログで発表。

まとめ

若くして芸能界デビューをしたものの、2度の喫煙スキャンダル、曰くつき男性との結婚、暴力警察沙汰、そして離婚、再婚ななど、辻ちゃんとは真逆すぎる波乱万丈な人生。
当時は加護ちゃんの方が可愛いと思っていたのですが、今では病んでる感が否めない顔してて可哀そうだなと見ています。
皆さんは、加護ちゃんと辻ちゃんの人生どちらがお好みですか?